トップイメージ
FXに関しての面白みは、たった一つの商品でありながら資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの中からどれをセレクトするかで投入の方策が変わるというところにあります。第一には外国貨幣への投入の「長期の投資」に関して見てみましょう。長期スタンスとは一年以上の長期の投資を基準にしているものです。普通は為替においては一年も後の為替の相場がが円高だろうか、あるいは円安なのかを推測するということは、一般的に難問です。実際のところ「それほど後々の将来のことは予測できない」と考えるのが当然のことかと思います。考えられないことを懸命に推測しようと思っても、そんなことは無駄な行為です。ですから、外国貨幣を買ったら、そのタイミングでの価格よりも円高に変動したとしてもそれはいつか返ってくるだろうというイメージでやり取りに参加するのが良いと思います。差益を一生懸命に狙うことに限らずそれ以外の儲け言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐということを、まず最初のゴールと決めて投資しましょう。言うまでもなくちょっとの期間で差損に損がたくさん膨らむこともあります。そういったことから、こんなマイナスでも影響のないよう、レバレッジをできるだけ少なめでトレードするのがポイントです。FX(外国為替証拠金取引)は為替差損が決まった金額以上増えると、追加保証金(追い証)を出さなければならなくなったり、または損切りがかけられたりします。ロスカットをすることになったら、その場で取引を清算しなければならず、長期取引がダメになります。危険から逃れるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定してトレードするのが安心かと思います。第二に中期スタンスのケースのやり取りについてです。中期の投資のケースでは最長でも2ヶ月位後を予測してのやり取りをします。為替の取引のケースでは、およそ1ヶ月先のことであれば、だいたいの場合先読みできるだと思います。G7を始めとした各国の論議であったり為替市場で売買している人たちがどういうことに着目しているかを確認してみればいくぶん想定できるはずです。上記のように経済の基礎的条件をチェックしながらなおチャートを見ることによって為替のレートの状況を把握できるようになり、売買を決定する方がいいでしょう。基本的にファンダメンタルズとジャッジのどちらも光りもしくは買い傾向が一致している時は、だいだいその方向に行くと思って問題ありません。その時は保有高を増やすとより大きな利益をもらえるのはほぼ間違いないでしょう。最後に短期のスタンスの重要点。この短期スタンスというのは、つまりは日計り取引を意味しています。為替相場で日計り取引を行う時は、経済の状態は決して関わりがないと断定していいです。というのは翌日の為替レートの変動にファンダメンタルズは関連がないからです。ここでの一番のミソは目を引く催しがある場合、それに影響されて相場がかなり動く一瞬を狙って取引することです。例を挙げると米国にて雇用情勢が提示される、あるいは金利政策などによって金利が変わるということ。こんなタイミングに変わり様を見逃さないといった理由から、短期のトレードでは多様な知識が必須となる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wellsfunrun.com All Rights Reserved.