トップイメージ
外国為替証拠金取引(FX)で投資する面白いところはたった一つの金融商品あるのに、投資期間を短・中・長という3種類の中からいずれを選択するのかで資本の投下の手だてが変わってくるという部分にあります。第一に外国貨幣への投入の「長い期間の投資」について考えましょう。長期投資というものは一年以上の長期出資が前提とされているのが通常です。普通は為替の相場で一年以上も後の相場は円高でしょうか、ないし円安かどうかを連想するということは多くの場合難題なはずです。通常なら「それほど先の状況は予知できない」と思うのが本音なのです。予測もできないのに頭を使って予言しようと思ったところでそんなことは無駄なことなのです。したがって、外国貨幣を買ったと仮定して、その買いレートよりも円が高めになっていてもその差損分は近いうちに戻ってくるくらいの感覚で売買にチャレンジすることが大事です。為替の利益を上げるというよりも、別の差益それはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのを、とりあえずの目的と決めてやりましょう。当然のことながら為替変動による損が非常に大きく膨らむこともあります。そのためそういった損でも耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限でトレードすることは必要です。FX(外国為替証拠金取引)は為替差損が一定金額を超えて拡大してしまうと追加保証金(追い証)が発生したり、それとも損切りを置く必要があります。ストップロスをしたら、直ちに取引を終了しなければならず、長期取引はストップします。この例のような危険を回避するには、レバレッジ2?3倍で取引するのが安心です。2番目に中期のスタンスでの売買を説明します。中期の投資では、一番長くても2ヶ月くらい経った頃を考慮しての取引をします。為替のトレードの際は、だいたい1ヶ月くらい先のことはおおかた、推測しやすいなケースが多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような国際議会の話題、マーケット参加者がどういったことに興味があるかを確認すればそこそこ、予想がつくと思います。上記のようにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見つつチャートを確認することによって為替相場の動きを把握し、どちらのポジションかをジャッジするべきです。基本的に経済情勢とジャッジのどっちも良い状況でありあるいはどちらも買い傾向が同じ時は、思った通りに変動すると思って良いでしょう。そうしたら持ち金を増やせばより一層多くのリターンを得られるのです。第三に短期スタンスの狙いどころです。この短期スタンスが示しているのは言い換えればデイトレのことを言っています。為替相場でデイトレーディングを行う時は経済の状態はまるっきり関連がないと断言できます。なぜならば翌日の相場の変化に経済の状態は絡んでいないからです。ここでの、重要ポイントは大きな行事がある場合それが影響して相場が変化するタイミングを見落とさないよう取引することです。たとえば、アメリカにて雇用者の統計が公開されるはたまた金融会議が行われることによって金利が変動するくらいの催し。このように絶好の機会に変化を見逃してはいけないとの意味合いで、短期スタンスでは高度な知識が必要となる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.wellsfunrun.com All Rights Reserved.