トップイメージ

交通事故は己だけの自損事故と他者が巻き添えになった自動車での事故がございます。77-12-16

自身だけの事故の場合には、自分自身だけで事故処理をしたら完了となりますが自分以外に影響を与えた自動車事故は各々にどのくらい不注意が存在したのかを調査してそれにより修理費や和解金の額かいくらのかなどが決定されますので、自動車の保険会社の担当の方と一緒の協議が必要です。77-2-16

一般的な自動車の事故のケースで、それぞれに過失がある場面が多数で片方だけの間違いであるという時は少ないです。77-8-16

言うまでも無く赤信号で進んでしまった、一旦停止無視など違反による事故ならとても大きな手落ちになりますが被害者側にも不注意が指摘されます。77-6-16

車での事故の時には誰の過失が原因で発生したのかという判断がすごく大事にされるので、この判断を数値で表した材料が『過失割合』です。77-20-16

仮定として、前述した赤信号で止まらなかったり、一時停止でもそのまま進んだ場面であるならば法上100%落ち度があると考えられますがその場面でその車が対面から来ており見て確認された時では自動車の事故の被害者でも注意が足りないと10%ほどの落ち度があると言われる可能性もあります。77-19-16

言うならばこの場合は事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた側が1割過失と言われ割合が大きいとそれに応じた過失が問われるのです。77-14-16

また車での事故の過失の割合それ以前の事故の判例をものさしとして決定されるケースが大いにあり日弁連交通事故相談センターから明らかにされている基準表等が元として使われます。77-5-16

このような過失割合の、割り当てが高ければ高いほど責任、言い換えると賠償額も大きくなってしまうので、交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく自動車保険の担当者と一緒に落ち着いて話すことが大切です。77-17-16

77-15-16

サイトMENU

Copyright © 1998 www.wellsfunrun.com All Rights Reserved.