トップイメージ

自動車事故は、自身だけの事故と誰か別の人に迷惑をかけた車での事故があります。80-11-16

己だけの事故の状況では、あなたが処理をしてしまえば終了しますが自分以外を巻き込んだ自動車の事故はお互いにどのような過失が存在したのかを調べて、それにより自動車の修復のお金が示談金の金額等が決定されるので、保険会社の担当の人と一緒の話し合いが欠かせません。80-18-16

一般的な自動車事故状況で各々に多少なりともミスがある場合が大部分で片方の落ち度だという場面はほとんどありません。80-7-16

当然ながら信号が赤でも進んでしまったり一時停止でもそのまま進んだのような違反があって起こった事故ならとても大きな手落ちになりますが被害者にも間違いがあると指摘されます。80-10-16

車での事故の状況では誰の落ち度が原因で発生したのかというのが重要になってくるので、これを当事者に分かりやすく表したものが《過失割合》なのです。80-6-16

仮定として、先ほど登場した信号が赤でも進んでしまったり一時停止を無視した場合なら法のルール上相手方にすべてのミスがあるように思いがちですが事故の原因になった自動車が被害者の前方から来て見て確かめられた状況だとすると事故の被害者でも注意不足があるとして10%程度の過失があると言われる状況もあります。80-20-16

その条件では事故を起こした側が9割自分1割の過失割合と言われ責任が大きい方に大きな過失が問われる事になるのです。80-8-16

またこの割合それ以前の車の事故の判例を基準に決定される時が大半で日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準となる表がものさしとして利用されます。80-14-16

この過失割合で、割り当てが高ければ高いほど手違い要するに損害賠償金も大きくなる可能性が高いので、事故に関する話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険の係りの人を交え冷静に相談する事が不可欠です。80-15-16

80-2-16

サイトMENU

Copyright © 1998 www.wellsfunrun.com All Rights Reserved.